美味い野菜は土で決まる

お花

健康志向が強く自分たち家族が口にする食べ物にまでこだわって、家庭菜園で野菜や作物を作っている人が多くなっています。家庭菜園で大事なことは土です。初心者の人は土まで注目しない人が多いですが、美味しい野菜を作るためには、健康的な土の存在が欠かせません。野菜や作物を植える前に、最初を土づくりをしてください。
土作りと言っても初心者は何をしていいのかわからない方も多くいるでしょう。最初に行なうことは草むしりです。雑草がある場合は全て取り除きましょう。そして固くなっている土を耕してください。土を耕すことで土の内部に隙間が出来ます。隙間には空気が入り込みます。野菜が元気に成長するためには酸素が必要です。隙間があることで野菜は根から酸素を吸収することが可能になるのです。そのため、家庭菜園をする際にはこの土の内部の隙間が重要になるので、初心者は覚えておきましょう。
そして、家庭菜園の土作りでもう一つ重要なのが肥料です。肥料には有機質肥料と無機質肥料があります。違いは自然もので出来ているのが有機質肥料で、人工的に作った肥料が無機質肥料です。初心者に2つの肥料を使い分けることは難しいでしょう。最近は健康志向の人は、有機質肥料しか使わない人もいます。有機質肥料は自然も物でできているため、体に害はないそうです。しかし、発酵が充分でない場合は野菜の根を痛めたり、臭いがする場合もあります。初心者が扱う場合は、経験のある人にアドバイスをもらうと良いでしょう。家庭菜園の最初の一歩は土作りです。肥料を上手に使って健康的な土を作ってください。