雑草のない庭にする方法

草刈り

念願だったマイホームを手に入れても、手入れをしないと徐々に傷んでいきます。それは、庭も同じです。最初は綺麗だった庭も手入れを怠ると、人が入ることを拒むように雑草が生い茂ります。雑草が増えると虫も沢山寄ってきます。綺麗に手入れすることで家庭菜園を楽しむことが出来る庭にしましょう。
庭の手入れで思いつくのが、草むしりです。草むしりは、普段草むしりしない人には大変重労働でしょう。初心者のために草むしりの準備と手順を紹介します。
まず、草むしりの準備です。庭に草が生える季節は夏です。そのため、帽子を被り、日差し対策は確実にしてください。そして、草は意外と鋭くて、手を着るので軍手を用意しましょう。その他にも、素手で抜くことが出来ない草には鎌を使いましょう。さらには、草刈り後のために熊手があると便利です。草を一箇所に集めて捨てやすくなるでしょう。
次に、草刈りの手順ですが、草が沢山生い茂っている場合は、大きい草を素手根っこから引き抜きましょう。根っこが残っていると、また草は生えてきます。そのため、草刈りのポイントは根っこを残さずにむしることです。後は、一心不乱に草をむしるだけです。夢中になりすぎて熱中症にならないよう、適度に休憩を取るように心がけてください。そしてむしった草を集めて捨てれば、草むしりは終了です。
初心者にとって草むしりは大変な作業ですが、草むしり後の綺麗になった庭で、家庭菜園を楽しんだり、家族でBBQしたりすることも出来ます。